伝統380年 雛人形のふるさと鴻巣 マル武人形

マル武人形

親王飾り

最上段の内裏雛のみのシンプルな人形飾り。
「平飾り」とも言われています。

親王飾り

最上段の内裏雛のみのシンプルな人形飾り。「平飾り」とも言われています。

203053

西陣織金襴

爛漫

芥子親王柳官女

間口60×奥行45×高さ34

親王飾りのスペースで五人飾りが飾れます。コンパクトサイズながら、本格的な雛飾りが楽しめます。

203056

正絹麹塵

美麗

大芥子親王

間口60×奥行35×高さ40

古来より皇室のみ用いることを許された色、麹塵。桐竹鳳凰文を伴うことで天皇の位袍にのみ使われていました。由緒正しく格式ある正絹有職裂地を使用いたしました。

203050

西陣織金襴

美琴

小三五番親王

間口70×奥行40×高さ42

会津塗で塗られた屏風木地に手張りで金箔を押し金彩友禅で華やかな花柄をあしらえました。

203046

切りばめ

松梅

十番親王

間口90×奥行45×高さ47

切ばめの衣裳を着付けたお雛さまを、手張り金箔屏風に合わせた。豪華絢爛な雛飾りです。

203044

西陣織金襴

東山

九番親王

間口105×奥行60×高さ80

赤色の袖重ねはお子様が元気に育つようにと願いを込めてお作りしております。西陣織金襴を衣裳に仕立着付たお雛さまは、豪華絢爛です。

203054

西陣織金襴裂地

結衣

大芥子親王柳官女

間口60×奥行45×高さ38

屏風に桜の切り絵を二重貼りの中に貼りこむ職人の技が光る雛飾りです。

203058

正絹西陣織有職

香乃桜

大芥子親王

間口60×奥行36×高さ41

桧の無垢材を使用した屏風・飾台に、京都西陣織正絹有職裂地で仕立てた衣裳を着付けたお雛さまが優美な雰囲気を醸し出します。上品な美しさが素晴らしいです。

203049

正絹草木染裂地

華雅

小十番親王

間口80×奥行46×高さ51

草木染アカネ・ベニバナなどの根や花弁などから抽出し染料として用いて染め上げた絹糸を西陣で正絹有職文様に織上げお雛さまの衣裳にしました。

203043

正絹〆切織

花霞

小十番親王

間口85×奥行45×高さ46

正絹〆切織で仕立た衣装の染め暈しの美しさを是非ご覧下さい。桧造りの屛風・飾台に組みわせた華やかなお雛さまです。

203052

西陣織金襴

玉楼

小三五番親王

間口77×奥行43×高さ49

江戸時代後期より雛人形と言えば御殿飾りでした。京の御所を模した「御殿」を再現し、豪華な平飾りにいたしました。

カタログ請求はこちら

カタログ請求

>請求フォーム

担当よりご返信いたします。

カタログをダウンロードする

お問い合わせはこちら

電話からのお問合わせ 048-541-3517

受付時間/9:00〜17:00 FAX 048-541-1711

メールでのお問合わせ

>お問合わせ

担当よりご返信いたします。