伝統380年 雛人形のふるさと鴻巣 マル武人形

マル武人形

マル武人形とは

マル武人形とは

伝統380年雛人形のふるさと鴻巣

「雛人形のふるさと」と言われる鴻巣は、江戸時代中期より「鴻巣雛」として有名で「関東三大雛市」のひとつに数えられていたところでした。

明治になっても「鴻巣雛」の製作は盛んで「県内では、越谷6軒、大沢3軒、岩槻3軒に比べて、鴻巣の人形業者30軒、職人300人」という記録がその活況ぶりを伝えています。

江戸より連綿と続く「鴻巣雛」の伝統の灯を、令和の今もしっかりと守り続けることと、日本の節句文化という大切な慣わしを守り続けることが、私たちマル武人形の使命と考えております。

鴻巣絵図 埼玉県営業便覧

伝統の技と真心でつくるひな人形製作

人形製作工程

1 裂地の裁断

和紙で衣裳の各種型紙を作り、へり部分にのみ糊を付け、裂地裏面に貼り付けます。型紙に沿って裁断して衣裳部品を作っていきます。

2 縫 製

姫の十二単の唐衣・表着・五衣・単衣・裾、殿の着物・裾・中袖等、数多くの衣裳部品をミシン、または手縫いで細やかな部分まで縫い合わせ、折り込み仕上げていきます。

3 着付け・振付け

仕上がった衣裳は両腕を後方に曲げて羽織らせるようにして着付けます。次にそれぞれの人形の形に振付けます。腕を曲げる角度や手の位置などで全体のバランスを取ります。

4 頭差し

頭差しは最終の人形検品を兼ねて行われます。包まれた顔紙を外し、汚れ等無いことを確認します。頭と衣紋の中心線が一直線になるように差し込みます。

全国から厳選した「裂地」

マル武人形こだわりの裂地

マル武人形は、人形の衣裳となる裂地にもこだわっています。全国各地の職人の元へ足を運び、数多くの中から厳選した裂地を仕入れ、当社工房にて衣裳に仕立てています。

一般的に人形用の裂地として流通しているのが金襴で、綾・繻子・錦・緞子などの地(経糸)に、緯糸に金糸を施し紋様が浮き出るように織り出した織物です。なかでも最高級絹織物を扱っているのが、創業260年、十三代目を数える京都の老舗『誉田屋勘兵衛』で、絹糸から図案、配色にまでこだわり、金襴だけでなく有職の裂地もその品質の良さが光ります。

他にも西陣織の帯、友禅染の着物、名物裂等、様々な種類の裂地を取り揃えています。
また近年は和の素材に限らず、ウエディングドレスに使用されるフランス産高級レースや、オーガンジーなど、雛人形には使われてこなかった素材も扱っています。

どの裂地にも、その様々な色、柄、模様にはそれぞれ意味があり、お子様の健やかな成長や幸せを願った「想い」や「祈り」が込められています。

1 正絹輪奈唐織帯

草木染による五彩の白い絹糸を用いて織り上げた帯地。輪奈唐織とは、輪奈織と唐織の二つの技法を一つに合わせ、布地全体に立体感のある輝きを放つ西陣織の袋帯の一つです。

2 正絹〆切織

〆切とは縦糸を締めくくって染めるという意味で、模様が所々『かすった』ように織られた染め模様もしくはそのような模様を持つ織物のことを言います。西陣織の唐織袋帯でも高級なものにこの〆切が多用されています。

3 有松鳴海絞

有松鳴海絞(ありまつなるみしぼり)は愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心に生産される絞り染めの名称です。江戸時代以降日本国内における絞り製品の大半を生産しており、国の伝統工芸品にも指定されている最高級の浴衣地です。

4 正絹泥染め

泥染めは、大島紬などの染色工程に用いられている染色技法です。泥は染料としてではなく、染料を発色させたり繊維に定着させたりする媒染剤として用いられます。テーチ木(車輪梅)の樹皮や根を煎じた汁と泥に繰り返し漬けることで、独特の渋い黒の色調に染まります。

5 正絹御印袋帯

天皇陛下をはじめ、ご皇族の方々は、お名前やご称号のほかに『御印』というものを持ち、文字や図案化されたものを盃や文鎮、調度品などに入れ、その方の持ち物の目印としています。内輪の贈り物などにも印として使われています。

6 向鸚鵡紋・向蝶紋

正絹西陣織有職の衣裳は、吉祥紋で殿の『向鸚鵡紋』には、勉強や習い事の上達、姫の『向蝶紋』には美しい人に育つようにという願いが込められています。

日本のゆかしい慣わしを伝えたい

カタログ請求はこちら

カタログ請求

>請求フォーム

担当よりご返信いたします。

カタログをダウンロードする

お問い合わせはこちら

電話からのお問合わせ 048-541-3517

受付時間/9:00〜17:00 FAX 048-541-1711

メールでのお問合わせ

>お問合わせ

担当よりご返信いたします。