伝統380年 雛人形のふるさと鴻巣 マル武人形

マル武人形

マル武人形とは

伝統380年雛人形のふるさと鴻巣

「雛人形のふるさと」と言われる鴻巣は、江戸時代中期より「鴻巣雛」として有名で「関東三大雛市」のひとつに数えられていたところでした。

明治になっても「鴻巣雛」の製作は盛んで「県内では、越谷6軒、大沢3軒、岩槻3軒に比べて、鴻巣の人形業者30軒、職人300人」という記録がその活況ぶりを伝えています。

江戸より連綿と続く「鴻巣雛」の伝統の灯を、平成の今もしっかりと守り続けることと、日本の節句文化という大切な慣わしを守り続けることが、私たちマル武人形の使命と考えております。

鴻巣絵図 埼玉県営業便覧

人形製作工程

1 裂地の裁断

和紙で各種の衣裳型紙を作り、へり部分のみに糊を付け、裂地裏面に貼り付けます。型紙に沿って裁断して衣裳部分を作っていきます。

2 縫 製

姫の十二単の唐衣・表着・五衣・単衣・裾、殿の着物・裾・中袖等、数多くの衣裳部品をミシン、または手縫いで細やかな部分まで縫い合わせ、折り込み仕上げていきます。

3 着せ付け・振り付け

仕上がった衣裳は両腕を真横に伸ばした状態の胴体に重ねて着せ付けます。次にそれぞれの人形の形に振り付けます。腕を曲げる角度や手の位置などで全体のバランスを取ります。

4 頭差し

頭差しは最終の人形検品を兼ねて行われます。包まれた顔紙を外し、汚れ等無いことを確認します。襟と頭の中心線が一直線になるように差し込みます。

マル武人形こだわりの裂地

マル武人形は、人形の衣裳の元となる裂地にもこだわっています。全国各地の職人のところへ足を運び、数多くの中から厳選した生地を仕入れ、当社工房にて衣裳を仕立てています。種類は豊富で、デザインは伝統的なものから現代的なものまで、色は落ち着いたものから華やかなものまで、価格は高級品からリーズナブルなものまで、様々なバリエーションを取り揃えております。

様々な色、柄、模様にはそれぞれ意味があり、お子様の健やかな成長や幸せを願った「想い」や「願い」が込められています。
お子様にとってオンリーワンの人形を見つけるために、(社)日本人形協会認定の「節句人形アドバイザー」が、人形や衣裳に込められた想い・願いを、詳しく丁寧に説明し、お客様のお人形選びをお手伝いいたします。

是非、お人形を直接お手に取ってご覧いただき、当社のこだわりを感じていただけたら幸いです。
数百点以上ある商品の中から、お子様にとって一生のお守りとなるお人形が見つかることでしょう。

1 正絹輪奈唐織帯

草木染による五彩の白い絹糸や、箔を用いて織り上げた帯地。輪奈唐織とは、細い和紙のこよりを生糸に見立てて織り、織り上がった後で抜き取ると、輪のような空間ができる輪奈織と、糸を織物表面に浮かせて織りあげ、立体的な紋様表現する唐織の二つの技法を一つに合わせ布地全体に立体感のある輝きを放ちます。

2 正絹〆切織

〆切とは縦糸を締めくくって染めるという意味で、模様が所々『かすった』ように織られた染め模様もしくはそのような模様を持つ織物のことを言います。西陣織の唐織袋帯でも高級なものにこの〆切が多用されています。

3 有松鳴海絞

有松鳴海絞(ありまつなるみしぼり)は愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心に生産される絞り染めの名称です。江戸時代以降日本国内における絞り製品の大半を生産しており、国の伝統工芸品にも指定されている最高級の浴衣地です。

4 正絹泥染め

泥染めは、大島紬などの染色工程に用いられている染色技法です。泥は染料としてではなく、染料を発色させたり繊維に定着させたりする媒染剤として用いられます。テーチ木(車輪梅)の樹皮や根を煎じた汁と泥に繰り返し漬けることで、独特の渋い黒の色調に染まります。

5 正絹新小石丸帯

『新小石丸』とは、皇居御養蚕所で飼育されている日本古来の蚕『小石丸』を新たな研究交配を重ね和装に最適の素材として誕生した最高級の絹糸です。軽くて柔らかく、美しい光沢があり、高級呉服用として好まれています。

6 向鸚鵡紋・向蝶紋

正絹西陣織有職の衣裳は、吉祥紋で殿の『向鸚鵡紋』には、勉強や習い事の上達、姫の『向蝶紋』には美しい人に育つようにという願いが込められています。

カタログ請求はこちら

カタログ請求

>請求フォーム

担当よりご返信いたします。

カタログをダウンロードする

お問い合わせはこちら

電話からのお問合わせ 048-541-3517

受付時間/9:00〜17:00 FAX 048-541-1711

メールでのお問合わせ

>お問合わせ

担当よりご返信いたします。