伝統380年 雛人形のふるさと鴻巣 マル武人形

マル武人形

親王飾り

最上段の内裏雛のみのシンプルな人形飾り。
「平飾り」とも言われています。

親王飾り

最上段の内裏雛のみのシンプルな人形飾り。「平飾り」とも言われています。

193040

西陣織金襴

東山

九番親王

間口105×奥行60×高さ80

赤色の袖重ねはお子様が元気に育つようにと願いを込めてお作りしております。西陣織金襴を衣裳に仕立着付たお雛さまは、豪華絢爛です。

193042

切りばめ

松梅

十番親王

間口90×奥行45×高さ47

切りばめの衣裳を着付けたお雛さまを、手張り金箔屏風に合わせた豪華絢爛な雛飾りです。

193047

段織刺繍

咲良

三五番親王

間口80×奥行45×高さ44

桐を使用した屏風・飾台に桜の刺繍を施したお雛さまを組み合わせました。お道具に犬筥を組み合わせてあります。雌雄一対の犬筥は、雄犬の中にお守りを、雌犬の中に化粧道具を入れたとも言われていますが、もともとは天皇を厄災から守る守護獣として玉座の脇に据えられていました。

193044

正絹黄櫨染

小三五番親王

間口80×奥行43×高さ40

今上天皇陛下の即位の礼を再現したお雛さまは、正絹黄櫨染桐竹鳳凰文を使用しています。古来より伝わる伝統的な衣裳は、いつまでも長く愛される優雅さです。

193054

本刺繍

The Shiromuku

三五番親王

間口80×奥行40×高さ38

花嫁衣裳の白無垢・ウエディングドレスをイメージした雛飾りです。お袖の花輪の刺繍がとても可愛いお雛さまです。

193058

西陣織金襴

玉楼

小三五番親王

間口77×奥行43×高さ49

江戸時代後期より雛人形と言えば御殿飾りでした。京の御所を模した「御殿」を再現し、豪華な平飾りにいたしました。

193046

正絹西陣織有職文様裂地

都桜

三五番親王

間口76×奥行40×高さ44

本束帯紫純雛。お殿さまの胸の部分(のぼり)が開きます。正絹の裂地を使用した本束帯有職雛です。

193057

刺繍

White Baby

三五番親王

間口75×奥行45×高さ43

刺繍を施した衣裳と花びらを散りばめたお姫さまの裳袴が、とても愛らしいお雛さまです。ピンク色の屏風に刺繍した小花が、可愛らしさを引き立てます。

193049

金彩京友禅

真心

京十番親王

間口75×奥行40×高さ39

お雛さには「邪除け」の色と言われる紫の衣裳を着付け、屏風には「魔除け」の色と言われる金色を使用いたしました。「邪除け」と「魔除け」を兼ね備えた雛飾りです。

193043

正絹新小石丸帯

御印雛

京十番親王

間口75×奥行45×高さ52

正絹新小石丸帯の雛人形を優雅な屏風・台に合わせました。本物の美しさをご堪能いただける逸品です。

1 / 212

カタログ請求はこちら

カタログ請求

>請求フォーム

担当よりご返信いたします。

カタログをダウンロードする

お問い合わせはこちら

電話からのお問合わせ 048-541-3517

受付時間/9:00〜17:00 FAX 048-541-1711

メールでのお問合わせ

>お問合わせ

担当よりご返信いたします。