伝統380年 雛人形のふるさと鴻巣 マル武人形

マル武人形

立雛飾り

雛人形の起源に近い立雛飾り。
シンプルで伝統を感じさせます。

立雛飾り

雛人形の起源に近い立雛飾り。シンプルで伝統を感じさせます。

193031

正絹泥染

和桜

立雛京九番親王

間口63×奥行41×高さ62

大島紬などで知られる泥染めで染められた有職裂地をお殿さまの袍とお姫さまの十二単衣に使用いたしました。お殿さまは『邪除け』の紫色で、お姫さまは『魔除け』の朱色で染めています。

193032

有松鳴海絞

彩華

立雛小十番親王

間口60×奥行45×高さ67

八種類の絞り方で仕上げた有松鳴海絞は立姿のお雛さまを最も引き立てる衣裳です。

193030

正絹黄櫨染

立雅

立雛小十番親王

間口60×奥行40×高さ67

日本古来の衣裳『正絹黄櫨染』は、天皇陛下だけしか着ることが許されない禁色です。シンプルさが、より上品さを引き立てるお雛さまです。

193033

西陣織有職

美月

立雛小十番親王

間口60×奥行40×高さ66

『不老不死』『再生』を表す『月輪』の絵柄と『長寿の象徴の鶴』の絵柄を組み合わせたおめでたい屏風に仕上げました。

193037

正絹黄櫨染

翔鶴

立雛三五親王

間口55×奥行39×高さ54

お殿様の文様には『黄櫨染 桐竹鳳凰文』、お姫様の唐衣と屏風には『千年の寿を持つ鶴』の絵柄をあしらいました。

193035

金彩京友禅

嵐山

立雛三五番親王

間口55×奥行37×高さ45

『魔除け』の金屏風と『邪除け』の紫色の衣裳を着付けたお雛さまを組み合わせた雛飾りです。

193034

正絹西陣織有職文様裂地

清明

立雛三五親王

間口55×奥行39×高さ50

正絹西陣織有職文様裂地に2匹の鸚鵡(オウム)が向かい合った文様を織り込みました。鳥は幸せを運ぶ使者といわれ、2匹がしっかりと向き合う姿は夫婦円満の意味があります。

193036

西陣織有職

立雛三五番親王

間口55×奥行38×高さ50

屏風は、裏箔に京都の金彩友禅加工施した上品で気品ある立雛飾りです。

カタログ請求はこちら

カタログ請求

>請求フォーム

担当よりご返信いたします。

カタログをダウンロードする

お問い合わせはこちら

電話からのお問合わせ 048-541-3517

受付時間/9:00〜17:00 FAX 048-541-1711

メールでのお問合わせ

>お問合わせ

担当よりご返信いたします。