伝統380年 雛人形のふるさと鴻巣 マル武人形

マル武人形

羽子板飾り

羽子板飾り

邪気をはねのけて健やかに育つように

羽子板は昔、羽根突き用のものと、飾り用のものに分かれていました。羽根をつく羽子板は、板の上に梅の枝などを描いたり、左義長(宮中の正月の儀式で魔を払う行事)を描いたものでした。 お正月に羽子板を飾る風習や、女の子の初正月に羽子板を贈る習わしには、邪気をはね(羽根)のけて健やかに育つようにとの願いが込められています。

191002

 

ちりめんかのこ板付

8号 間口25×奥行23×高さ38

191004

 

優 赤L

かのこ金彩 

8号 間口24×奥行20×高さ36

2 / 212

カタログ請求はこちら

カタログ請求

>請求フォーム

担当よりご返信いたします。

カタログをダウンロードする

お問い合わせはこちら

電話からのお問合わせ 048-541-3517

受付時間/9:00〜17:00 FAX 048-541-1711

メールでのお問合わせ

>お問合わせ

担当よりご返信いたします。